ブログBLOG

宮崎の新築住宅NEWS SMART ZERO BOX vol.92

家賃並みで実現する、高性能×ハイデザイン×低価格の ≪SMART ZERO BOX≫

丸山コーポレーションの萩原彩乃ですっ(๑◕ㅂ▰)ノ゙ GOOD MORNING♫♬

 

今回は、、、上棟式について☆

 

宮崎市でこれから新築をご検討の方も多いと思います。

新築建売住宅・新築マンションを購入で考えている方は、あまり興味の無い内容にはなると思いますが新築上棟式の流れを今回は記載していきます。

そもそも上棟式??って方も多いと思いますので、簡単に記載します。

軸組工事の最後に棟木を上げる時に行う儀式で、建前(タテマエ)ともいいます。

そもそもは工事の無事を祈る儀式でしたが、今では大工さんたちの労をねぎらう意味合いが強く、神主さんにお願いせず、棟梁が式を取り仕切ります。

施主と工事関係者が今後の工事の安全を祈願し、「よい家をつくる」という思いを一つにする良い機会でもあります。

現在は地鎮祭はしても上棟式、、までは必要で無いと感じられる方も多いので、少なくなってきているようですが。

一般的な流れを説明します。

 

➀人数の確認、当日何人くらいの職人さんや新築会社の人間が集まるのかを事前に確認しましょう。

②用意するもの

・上棟式・・・塩、お神酒(1升一本)、洗米(地方によっては、洗あずき)
・直 会・・・お料理、飲み物
・ご祝儀・・・工事関係者へお渡しします。
・その他・・・引き出物、折り詰めなど

※ご祝儀の金額は、一般的には棟梁が1万円~3万円、その他の職人さんが3千円~1万円と言われていますが、

全員を同じ金額にする場合もあり、地域や工務店によっても異なりますので、工務店とよくご相談ください。

 

③上棟式の流れ

1.棟梁が一番高い棟木に幣束(ヘイグシ)を立て破魔矢を飾ります。
2.建物の四方に酒・塩・米をまいて清め、工事中の安全祈願をします。
3.施主のあいさつ
4.乾杯
5.直会(小宴席)
6.工事関係者の紹介
7.施主から工事関係者へご祝儀を渡します。
8.手締めを行い、お開きとなります。

上記が一般的な流れになります、お昼くらいからされる所が多いようです。

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop