ブログBLOG

住宅ローンについて書いてみました!②

家賃並みで実現する、高性能×ハイデザイン×低価格の ≪SMART ZERO BOX≫ 丸山コーポレーションの井手です!

前回のおさらいです。元金均等払いと元利均等払いとでは、同条件でどちらが支払総額が少なくてすむでしょうか?

結論は元金均等払いでした。

 

具体的には、前回の35年返済、2,000万円借入、金利2%、全期間固定借入の場合ですと 元金均等払いの方が

966,998円支払総額が少なくてすみます。

 

が、当初の支払いが高くなるという側面があります。今回の条件では、14,700円高くなります。

 

元金均等払いの支払総額が少なくなるのは、それの方が元金を先に返す返済方法だからです。

当初の月々の支払いが成り立つのであれば、元金均等払いも検討してみては如何でしょうか?

 

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop