ブログBLOG

宮崎の新築住宅NEWS SMART ZERO BOX vol.286 【瓦選び】

家賃並みで実現する、高性能×ハイデザイン×低価格の ≪S灯ART ZERO BOX≫

馴染みがない屋根材選びは慎重に!

「新築を建てるときの屋根材は、どの素材を選ぶのが一番いいのか?」これは本当に悩むところです。

屋根は家を雨風から守ってくれる住宅の基本構造のひとつです。とりわけ住宅建材中でも一番厳しい気象環境にさらされるのが、屋根材です。

後々後悔しないためにも屋根材の基本的な知識を持って、ご自分の家に最適な屋根材を選ぶことが大切です。

断熱性や遮音性に優れた日本瓦

日本瓦は、断熱性や遮音性に優れも瓦自体は半永久的に使うことができます。また、表面の耐久性が高いので、メンテナンスが不要です。

 

軽くて強い!ガルバニウム鋼板

ガルバニウム鋼板に含まれている亜鉛が表面を覆うことで、鋼板が錆びることを防ぎます。また素材が軽いので、耐震性に優れています。

 

軽量で安価が特徴のスレート

スレートとは、粘板岩を薄く加工した板のこと。日本瓦に比べて軽いので、耐震性が低下しにくく、トタン屋根よりも耐久性があります。

 

トタン屋根は安価だがデメリットも

トタンは比較的安価で軽いため、人気がありましたが、サビが発生したり、断熱性能に優れていないなどのデメリットがあります。

 

新築住宅を建てる際、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop