ブログBLOG

宮崎の新築住宅NEWS SMART ZERO BOX vol.275 【重要事項説明書】

家賃並みで実現する、高性能×ハイデザイン×低価格の ≪SMART ZERO BOX≫

中古住宅の建物の状態は契約前に書類で必ずチェック

内容に問題があれば契約しないという判断が必要

気に入った物件があったとき、契約書に判を押す前に必ず確認しておきたい書類・・・それが「重要事項説明書」や「付帯設備表」です。

「重要事項説明書」は宅地建物取引業法に基づいて、契約の際に必ず記載すべき建物の状態などの重要事項が書かれている書類。

「付帯設備表」は建物に付帯する設備(照明器具など)の有無、そしてその故障の有無などがまとめられている書類です。これらは通常、契約時に初めて開示されるものですが、簡単に目を通しただけで済ますのはNG。前もって請求しておき、内容に納得してから契約を交わさないと、あとでトラブルに発展することもあるので要注意です。

 

—————————–ご案内—————————–

「そろそろマイホームが欲しい!!でも色々わからないことがあるんだけど、相談だけでも良いのかな」とお考えの方・・・

何でもご相談下さい( ^)o(^ )

随時、完成見学会を開催しております。

お時間などありましたら、ぜひご覧いただき、新築住宅の雰囲気を味わって下さい。

皆様からのご連絡、お問い合わせをお待ちしております(*^^*)

 

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop