ブログBLOG

宮崎の新築住宅NEWS SMART ZERO BOX vol.267 【地鎮祭について】

家賃並みで実現する、高性能×ハイデザイン×低価格の ≪SMART ZERO BOX≫

今回は地鎮祭について投稿させていただきます。

地鎮祭とは、土地の神を祀って工事の無事を祈る儀式です。

日の良い日(大安・友引・先勝)の午前中または先負の午後に行います。

服装は、派手でない服装であれば普段着でかまいません。但しサンダルは不可です。

当日ご用意いただくもの

◇お米(1合) ◇お塩(1合) ◇お酒(5合) ◇お水(500ml)

◇山の幸(野菜と果物)  芋、大根、人参などと、季節のもの(りんごやみかんなど)

◇海の幸(おかしら付きの鯛、昆布、するめなど)

◇初穂料(玉串料)・・・2~3万円くらいが一般的です。のし袋に初穂料または玉串料と書いて神主さんにお渡し下さい

 

地鎮祭の流れ

①開会の辞          地鎮祭の開始を告げます。

②修祓(しゅばつ)の儀     参列者とお供え物を祓い清めます。

③降神(こうしん)の儀     神様をお迎え致します。

④献饌(けんせん)の儀     神様のお食事となる神饌をお供えします。

⑤祝詞奏上(のりとそうじょう) 神様に工事の無事をお祈りします。

⑥清祓い(きよはらい)     お酒、塩、米、切木綿を敷地の四隅にまいてお祓いをします。

⑦鍬(くわ)入れの儀      設計者/鎌で草を刈る刈初め(かりそめ)、お施主様/鍬で砂を起こす穿初め(うがちぞめ)、建築会社/鋤(すき)で土をならす土均し(つちならし)、お施主様し、エイ、エイ、エイと大きな声を掛けながら3回ずつ行います。

⑧玉串拝礼(たまぐしはいれい) 神主および参列者一同が玉串をお供えして拝礼します。神主から受け取った玉串を時計回りに回して根本を祭壇に向けてお供えし、二礼二拍手一礼をして下がります。

⑨撤饌(てっせん)の儀     お食事となる神饌をお下げします。

⑩昇神(しょうしん)の儀    お招きした神様をお送りします。

⑪直会(なおらい)の儀     神饌、神酒のおさがりを頂戴します。 

            

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop