ブログBLOG

宮崎の新築住宅NEWS SMART ZERO BOX vol.265 【災害対策】

家賃並みで実現する、高性能×ハイデザイン×低価格の ≪SMART ZERO BOX≫

1階が浸水した際のリスクを考える

2階LDKの住宅で浸水被害を最小限に・・・

これまで住宅の災害対策と言えば、耐震構造や免震構造といった地震を想定するケースが一般的でした。

しかし、近年は大型台風や豪雨による水災対策にも注目が集まっている。

水災で注意するべきは、付近の川の氾濫などによって生じる住宅への浸水・水没です。

従来の住宅は1階にLDKや水回りなどの設備が集中していることが多い。しかし、1階が浸水・水没に見舞われた際、

これらの設備を復旧させるためには、時間も費用も大きな負担が強いられてしまいます。

そこで最近では、水災に備えて2階にLDKや水回りの設備を配置する住宅が増えています。

このタイプならば、万が一、1階が浸水したとしても、設備の被害を大幅に抑えることができるのです。

 

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop