ブログBLOG

宮崎の新築住宅NEWS SMART ZERO BOX vol.285【照明】

家賃並みで実現する、高性能×ハイデザイン×低価格の ≪SMART ZERO BOX≫

新築住宅を建築し部屋の雰囲気を心地よくする為には、部屋のカーテンや照明などインテリア

でガラリと変わります。

今日はその中の照明について紹介します。

 

照明の色と特長

照明は種類によって色みが異なり、同じワット数でも明るさの印象は変わります。一つ部屋にいろいろな色の照明がくると

落ち着かない雰囲気になるので部屋ごとに同じものを選びましょう。

・白熱灯

温かみのある色でリラックス効果があります。

ただ、寿命が短く頻繁に交換が必要なのがデメリット・・・

・蛍光灯

影が出にくいフラットな明るさで集中したい場所に向いています。

・LED電球

寿命がとても長く電気代も抑えられる。表面温度が低いのが特徴です。

主な照明器具の特徴

新築住宅を建築する際にどのような間取りでどのような部屋にしどのような照明にするのかを同時に考えると

いい部屋づくりができます。その為には照明器具の特徴を抑えておくといいでしょう。

・シーリングライト

天井に直接取り付けるタイプ。部屋全体を均一に明るくできます。

・ダウンライト

天井に埋め込み型の照明で部屋全体をスッキリみえます。

・ブラケットライト

壁や柱に取り付ける補助照明。明るさよりも演出用に使われることが多くメインの照明と組み合わせて様々な光を楽しめます。

・スポットライト

天井や壁に取り付けて光の方向を変えれる。見た目もオシャレな照明。光を直接当てたいときに直接使うと効果的。

 

主照明と補助照明の組み合わせ

照明のプライニングは、部屋全体を明るくするために使う「主照明」と

室内の演出に使う「補助照明」がありこの2つを組み合わせることで深みのある空間をつくることができます。

照明器具も色も部屋の空間にあう色を選び自分達が落ち着く新築住宅にしてください!

 

★イベント情報★

☆前回のイベント☆

 

 

 

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop