ブログBLOG

宮崎の新築住宅NEWS SMART ZERO BOX vol.279【工法】

家賃並みで実現する、高性能×ハイデザイン×低価格の ≪SMART ZERO BOX≫

建築会社によってさまざまな工法で新築住宅を建築してます。

その新築住宅の工法についてご紹介します。

5種類の工法

◎木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)

柱、梁など縦横の軸と、筋交いという斜めの軸で構造を支える日本の古くからの工法。

新築住宅の開放的な設計ができ、間取りや後のリフォームの自由度も高くなります。

◎2×4工法(つーばいふぉーこうほう)

北米の工法で、主要な構造部に使われる製材の断面サイズが2×4インチなのでこう呼ばれています。

日本では日本独自の基準寸法によりアレンジされることが多いです。

◎プレハブ住宅

工場で部品を製造し、建築現場で組み立てるシステムをもつ工業化認定を受けた住宅の総称。

工法や構造はさまざまで、木質系、鉄銅系、コンクリート系、ユニット系などがあります。

◎RC造(あーるしーぞう)

RC造とは鉄筋コンクリート造のこと。

コンクリートは鉄筋を入れることで強度が増します。一般的には柱と梁でフレームを構成します。

◎鉄鋼造(てっこつぞう)

軽量鉄骨と重量鉄骨があります。

軽量鉄骨の場合は、筋交いなども入ります。

重量鉄骨は太い柱と梁で構造を支えるので開口部を大きく取れるので新築住宅の間取り自由が利きます。

丸山コーポレーションは木造軸組工法で新築住宅を建てております。

その木造軸組工法のメリットとデメリットについて。

メリット

・設計の自由度が一番高いのが木造軸組工法です。

・家とは何十年も使い続けるものですから家族構成の変化などによって間取りを変えれたりもできます!

デメリット

・品質にバラつきがある。

・大工さんが施工するので工期が長くなります。

 

丸山コーポレーションは木造軸組工法で構造の段階で筋交いをしっかり入れ

自慢できる専属の大工さんがしっかりと安心した新築住宅を建築しております。

ご興味のある方は丸山コーポレーションに話しを聞きに来て下さい!!

 

☆★イベント情報★☆

♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡

♡これからの家づくりの参考にお役に立ててください♡

全力で宮崎丸山コーポレーションスタッフでお手伝いいたします!

★資料請求はコチラ★

♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡

 

ブログ一覧に戻る

PageTopPageTop